FC2ブログ

UbuntuでTeXなレポートがウボァ

さて、今回はなんか真面目に勉強の話ぶって自分の後々の課題等を楽にさせるためのカンニングペーパー作りです。
コレは使いたくも無いのにUbuntuを入れさせられて使いたくも無いのにTeXでレポート書けとか言われた人向けを装った個人的なメモ書きですので、検索等で辿り着いちゃった不幸な方は気にしないで下さい。
私は気にしません。

んで、まぁぶっちゃけUbuntuとかTeXとかMicrosoftOfficeとかに比べて結構面倒臭いんで、興味持ってないのに使えって言われた人間には真面目に勉強する気にもならずに面倒臭い限りでレポートとして印刷するのも一苦労なのですわ。
WindowsにLaTeX環境をぶち込めたなら問題は無いと思うのですが、正直入れるのが面倒だったりするので私は入れません。

さて、まず第一の問題ですが、UbuntuでTeX文章書いてるとたぶん文字化けします。
これはUbuntuの標準日本語環境がUTF8なのが問題だったりするみたいですが、ぶっちゃけ興味無い話なので理論とか気にせずにやるべき作業を羅列していく事にしましょう。
作業は端末からコマンド入力ですね。
EUCとかに変換するとよさ気みたいですので、

nkf -e 元ファイル名.拡張子 > 後ファイル名.拡張子

と打ち込んでしまえばたぶん文字化けとか起こらない筈です。
platex ファイル名  
でコンパイルして、
xdvi ファイル名 &
でプレビュー したりして確認すると良いですな。

さて、途中の文章打ち込みにおけるTeXコマンドとかの話は、自分で全部打ち込んだりすると死ねので外部リンクで。
自分のメモ用に外部リンク使うとかアタイったら最低ね!

http://www002.upp.so-net.ne.jp/latex/

文章が完成したら印刷な訳ですが、私のようにやる気の無い人間はプリンタをUbuntuで使えたりはしません。
と言うわけでWindowsの方にファイルを持っていってそこで印刷しちまいましょう。
dviファイルってWindowsでどう使うのか分からないのでdviファイルをpdfに変換しちまいましょう。

dvipdfmx ファイル名.dvi

これで多分pdfファイルができている筈です。
lsコマンド等で確認してみましょう>俺。
pdfファイルができていたら後はUSBメモリなり何なりに突っ込んでWindowsに持っていったりデュアルブートで使っているならパーティションを区切ったWindows側にでもファイルを突っ込んでやればどうにかなる筈だ。
というかそうしたので覚えておくと良い>俺。
後提出課題とか忘れんなよ。
スポンサーサイト



プロフィール

カタカナ

Author:カタカナ
このブログについてはリンクとか好きにやれば良いと思うんだな!

連絡先は此方
Skype名は katakanamattya
アドレスは ransyamameirin☆gmail.com  (☆を@に変換)となってます。
気軽に話しかけてくだされ。

pixivはコチラ
2008.11.27.02

Twitter
@ransyamameirin

FC2カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ギャラリーもどき
相互リンク
片思いリンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム